「天気の子」感想

公開に京アニの悲報が重なってしまったので、アニメを見る気が回復するまで待って行ってきました。


言わずとしれた新海監督の最新作なわけですが、事前の情報はできるだけ入れないようにして鑑賞。それだけに多少不安もありましたが、さすが新海作品ですね。物語の評価云々以前に、まず映像だけで心地よい。ほんの数分見ただけで、「この絵を見るだけでもチケット代の元は取れるな」と感じさせるクオリティがすごいです。これはなんなんですかね。単に精緻とか美麗とか言うだけでは表しきれない没入感。新海マジックというところでしょうか。花火すごかったなあ。


で、ここからストーリーについてネタバレありで。


予想していたよりも全体にシリアスで重めな話でしたね。まず主人公の帆高が家出少年で、当初は働く場所もなく邪険にされるという設定が重い。ヒロインの陽菜にしても母を亡くして弟と貧乏な二人暮らし。そして2人は終盤警察に追われることとなってしまう。追われると言っても重罪を犯したわけではないので「話せばわかる」というレベルにはなっています。が、それでも、やはり主人公たちが警察と敵対するというのは広く言えば社会と対決するということであり、その時点で、観客としてはどこか居心地の悪さを感じてしまいます。そして、最後に二人の決断は警察以上に大きなものと対峙してしまうことになる……。


事前情報は避けていましたが、「セカイ系」という単語は耳にしており、なるほど確かに、と納得するものがありました。ただ、ラストは多くのセカイ系作品とはまた異なる着地点ではありましたね。セカイ系というと未だに「イリヤの空、UFOの夏」を思い出してしまう自分ですが、あの作品では結局イリヤは救えない。でも、本作では帆高と陽菜は再会することができました。もちろん、そのために少なからぬ犠牲を払ってしまうことになるわけで、再会に感動してたら「その後3年雨が振り続けて東京が沈んだ」なんてことをさらりと突きつけられる。これは衝撃的でした。監督が、賛否両論かもと言われていたのもわかります。


ただそれでも、自分は良かったと思いました。何が正しいのかはなかなか難しいのですが、それでも二人が全力が進んだ先に笑顔でいられたのなら、それはハッピーエンドで祝福すべきことでしょう。


さて、ここからはあらためてキャラクターについて。帆高はなかなかに熱い行動力のある少年でした。多少無鉄砲なところもありますが、勢いで島を飛び出して勢いで働いて、陽菜を手伝ったり連れ戻そうとしたりと奮闘します。銃の発砲や警察からの逃走は見ている分にはハラハラしますが、パンフの監督インタビューにもあったように、ある面では狂っているほどの純情さがないと成り立たないキャラだったのだろうなあとも。


陽菜。特殊能力持ちヒロインということで、どういう性格なのかなと思いきや、可愛くてさっぱりしつつも変に特別にしすぎない良い塩梅のキャラになってたなあと。新海さん、ヒロインの描き方がどんどん上手くなっている感。天気にする力は生まれつきではなく後付で、本人もよく意味がわからずに得ていたということで、基本は普通の子でしたね。好きなのは微妙に下手なカラオケのシーン。しかし年下っぽく見える年上のはずがまさかの本当に年下だったとは。これは過去の新海作品を伏線にした絶妙なトリックですな。しかしそうして思い返すと、お姉さんっぽく振る舞う陽菜も良いですよね。


あとは須賀さん。帆高に手を差し伸べてくれた人であり、突き放した人でもあり、背を押してくれた人でもある。警察に囲まれて「まあまあ」みたいにとりなそうとしているところが印象的。常識的視点で見れば実際そうなりますよね。最後の「うぬぼれるな」というのも作品に大人視点からの救いをもたらしていて良いなあと。まあ、帆高はその救いをも乗り越えようと決意するわけですが。


おまけで瀧君と三葉。瀧くんはモブキャラかと思いきやずいぶんオーラがあったので、「あれ、これ瀧君か」と。ということは三葉も出てくるかなと思っていたので、宝飾店(?)の店員さんとしての出演は判別できました。二人が元気そうで何よりなのですが、その後東京が水没してしまうことを考えるとなんとも。あくまでおまけの出演でパラレルワールドと考えるという手もありますが、どうですかね。


ということで、総評としては「エンターテインメントを抑えつつも尖ったところを見せた新海監督の挑戦作」ということで、大変面白かったです。ただ、「君の名は。」に比べるとどうしても暗めのイメージが残るので、リピートは弱くなっちゃうかもですね。ま、それも想定のうちなんでしょうけど。

京アニ火災……

16人の死亡を確認、心肺停止10人以上 京アニ火災、現場には刃物 男「死ね」と叫ぶ(京都新聞)

 

あまりにもひどい、ひどすぎる……。それ以外の言葉が出ません。

 

たとえ犯人に厳罰が課せられたとしても、失われた命は戻らず、傷も簡単には治らないのです。嗚呼。

 

今はただ一人でも多くの無事と回復を祈るばかり。その後に、微力ながら何がしかの義援金でも参加できればよいのですが……。

「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 ?.lost butterfly」

実はこの年末年始、ろくに新アニメもチェックせずに「結城友奈は勇者である 花結いのきらめき」というソーシャルゲームにはまり込んでいたりします。ただ、そんな中でも何をおいても観ておかねばならないのが本作。優先順位は最高峰です。本当は去年観たかったんですが、ちと待たされました。もっとも、こちらは原作プレイ時から考えれば15年待ってきたところ。なにより、1章に続いてこれだけのクオリティで作り上げられては、ぐうの音も出ないというものです。


前作から1年以上経っているので、最初は少し記憶力に不安がありましたが、始まってみると細かいことはともかく、一気に世界に引き込まれますね。まず単純に作画が素晴らしい。空気感だけで浸れます。


そしてなんと言っても桜ですよ。桜ちゃん。もちろん1章でもヒロインではありましたが、2章でいよいよマスターであるということ、凛の妹であるということが明らかになって、桜の桜らしい面が良くも悪くもどんどんと表に出てきます。可愛くてエロスで黒くて健気で幼稚で頑張りやな彼女の姿をたくさん観られますよ。良きかな。視界、士郎と桜が結ばれるシーンをあれだけしっかり描くとはちと驚きましたね。でもエロ目線というより、「良かったねえ桜ちゃん」という思いになってしまいます。少なくともその時、彼女は幸せであったでしょうから。


ただ、桜好きな視点から見ても彼女がどんどん罪を重ねてしまっているのは事実(メルヘンチックな夢の中で桜が次々と「捕食」していく図はアニメ版ならではのすごい絵でしたねえ……)。この重苦しさが原作HFルートをプレイし直せない理由ではありますが、果たして第3章ではどのような結末を見せてくれるのでしょうか。予告では2020年春とのこと。予定通り桜の季節となれば美しいですね。


バトルもありましたが、今回のメインはやっぱりキャラクターの心情や関係性だったと言えましょう。ちょこちょこっと出番を増やしてきたイリヤも、本来のイリヤルートが混じっているというだけはあり、最後にさらに見せ場もあることでしょうね。ufotableらしく、zeroとの繋がりもうまく入れてきます。藤ねえにまで出番があるとは思っていなかったですよ……。そう言えば、アインツベルン城結構派手に壊れてましたが、リズとセラは無事なんでしょうか。まあ地下室に避難したということにしましょう。


そんなこんなで、期待通り期待以上の出来栄えでした。厳しく言えばちょっと展開に飛び飛び感はあるんですが(凛が桜を処分すると言っていたのが、なんとなくうやむやになったのがちと気になりました。そこは行間を読めということなんでしょうが……)、元が長すぎるので多少はしょうがない。


それにしても、映画の客層意外と女性が多いなあと思いました。もちろん基本的には男性主体なんですが、2割以上は女性だったような。FGOも人気なようですし、ファン層広がってますよね。すごいものです。

「やがて君になる 佐伯沙弥香について」

今期の一押しアニメと言えばゾンビランドサガ……も良いですが、個人的には「やがて君になる」なわけです。


いわゆる百合ものですが、自然体の百合といいますか、耽美とか二人だけの世界とか魔法少女だとかきらら系とかそういう感じではなく(そういうのはそういうので好きですが)、現実的な日常や学校生活の延長で恋が描かれているテイストが好きだなあと。


特に、燈子のアクションに対して淡々としている侑が良いです。まあここ最近はだいぶん燈子に惹かれていて、話の流れ的に告白したりするんだろうなあ、と予想はつくのですが、いやもう、このまま最後まで淡々モードでも良いんじゃない、と言いたくなってしまいますね。


さて、本題に遅くなりましたが、そこで本書です。燈子に密かに想いを寄せる親友・佐伯沙弥香のスピンオフ前日譚。本作ファンなら必読と言って良いくらいの良いサイドストーリーでした。本編だと基本侑が主役なので、沙弥香は決して悪役ではないにしても、どうしても思い入れが薄めになってしまいます。しかし、本書を読めば一気に彼女のことが好きになること間違いなし! ……と思いましたが、人によっては「好きになる」まではいかないかもしれない。でも、沙弥香の背景を知ることで物語に深みが増すことでしょう。


それなり以上のお嬢様として育った沙弥香。ちゃんと両親や祖父母といった家族が描かれるのは本作の良いところですが、外伝の本書でもそこは受け継がれてますね。両親の存在感は薄いですが、雰囲気の悪い家庭で育ったとかそういうことはなくてほっとします。


本書のメイン部分は、中学生時代の先輩との恋愛模様で、結果的には先輩の身勝手すぎる行動に沙弥香は深く傷つけられてしまったわけですが、先輩も困った人ではあっても決して悪人という訳でもなかったろうし、二人で楽しく過ごした時間も確かにあったわけで、やりきれないところですねえ。


あと、序盤の小学5年生のときに出会った女の子はその後どうなったのか。それこそ名前も出てこないのは、沙弥香にとって過去の薄れた思い出でしかないということなんでしょうが、あんな出来事のあとで沙弥香がスイミングスクールを止めたのでは、当人も傷ついて水泳を続けられなくなってしまったのではないかと心配になってしまいますね。二人が偶然再開することはあるのか。多分ないんでしょうが、想像していしまいます。


そして高校の入学式に出会った燈子への恋。もし沙弥香が主人公ならば、今度こそ成就しても良さそうなものですが、道のりは険しそうです。頑張れ沙弥香。


ところで、侑と沙弥香の、別に嫌い合っているわけではないけれど微妙に距離のある関係というのも、また本作の魅力の一つでありますね。侑が沙弥香をファストフード店に誘った時の勇気ぶりは称賛に値するってものですよ。もし燈子が間に挟まっていなかったら二人は仲良くなれたのか……と考えてみますが、う〜ん……結局相性が悪そうな気もする。さてはて、二人の関係の行く末も気になります。原作やアニメにキリがついたら、本書の続編も期待したいところですね。

若おかみは小学生!

全くのノーマーク、というかそもそも作品名すらつい数日前まで知らなかったのですが、何やら評判が良いらしいということをいまさらのように聞きつけ、上映が終わらないうちにとあわてて鑑賞してまいりました。


うん、良かったです。「ものすごく感動」とか「大傑作」というような感じではないですが、全方位オール4的に手堅い、老若男女楽しめること請け合いの一作でしたね。以下ネタバレ含む感想です。


可愛らしい絵柄とは裏腹に、優しい両親をいきなり事故で失ってしまうというシリアスな展開。引き取られた祖母の家で「おっこ」こと織子の若おかみとしての奮闘が始まりますが、なによりもまず、おっこが頑張り屋さんなんですよね。前向きで応援したくなる。


ただ、彼女とて普通の小学生女子なわけで、表面上はそれほど見せないものの、心中では両親の死を深く引きずっている。それが夢のシーンとして現れてくるわけですが、おっこの中では「本当は生きているんじゃないか」という希望を捨てきれていないと。だから今作はおっこが両親との別れを受け入れるまでの物語と言えるのでしょう。


そしてそんな彼女を支える役割を担ったのが幽霊のウリ坊や美陽。幽霊ありの世界観とは驚きましたが、おっこが大変な日々の中でもくじけずに進んでいけたのは彼らの存在があったからこそで、両親の代役をウリ坊たちは勤めてくれたと言えるのかもしれません。


若おかみとして様々な客に接し、お客さんに喜んでもらえることの嬉しさを知り、同時にお客さんから教えられる優しさもあって、経験を積んでいくおっこ。彼女が町になじみ、自分は花の湯の若おかみであると言えるようになった時に、両親やウリ坊たちとのお別れの時が来るのでした。そのお別れは全然涙涙なものではなくて、前向きなさよなら。爽やかなラストでしたね。


ただ、ラストについてあえて言うのならば「若おかみ」という公的な立場に自分を閉じ込め過ぎじゃないか、まだ子供なのに自分を殺し過ぎじゃないか、という懸念もなくはありません。でもまあ、人間、時には私的に、時には公的になるわけで、そこのところを上手いこと使い分けておっこも育っていってほしいものです。


おっとそうそう、アニメで重要な作画演出について触れてなかったです。と言っても、マッドハウスなのでこちらも手堅い。超絶作画とかそういうんではなく、良い意味で子供向けにわかりやすい作りです。コミカルなシーンでは子どもたちの笑いも起きてましたし。


さて本作。上述のように全然知りませんでしたが、児童文学のベストセラーだったのですね。加えてテレビアニメ版もあったとは。TV版は横手美智子さん構成ということで、そちらも気になるところですが、ともあれ劇場版はおなじみ吉田玲子さんです。相変わらずというか上手いなあ。考えてみれば今年見たアニメ映画は「リズと青い鳥」以来ですから、どっちも吉田さんということに。おそらく長い原作をうまくダイジェストしてるんでしょうが、完成度高いです。こうなると原作も気になってくるなあ。


なお、旅館ものといえば「花咲くいろは」を思い出すところ。もちろん、おっこと緒花とでは年齢も境遇も違うわけですが、とりあえず出だしの働き出すところは、半ば強制だった「花いろ」に比べ、一応本作のほうが自由意志でやってる感はあってよかったですね。いやまあ、実際は半分以上ウリ坊に言わされてるんですが、とりあえず周囲の目線としては、おっこの意志を尊重するというベースが感じられる。とりあえずそこだけでほっとしますよ。

優勝!!!

【西武】10年ぶり22度目リーグ優勝 「獅子おどし打線」でパ制圧…辻監督、8度舞う(スポーツ報知)


理想は昨日メットライフで勝って決めることだったんですが、なんの因果か10年前と同じく札幌で負けての決定となりました。盛り上がり度は欠けますが、まあもうそんなことはどうでも良い。優勝です、優勝。08年以降、何度も何度も力尽き、目の前で胴上げを見せつけられて、「来年こそは」と言いつつも及ばなかった10年。片岡、中島、細川、ボカチカ、涌井、岸、帆足……。何もかも皆懐かしい。


伊原監督、田辺監督の元低迷し、このまま弱小球団になってしまうのかと嘆いていましたが、まさか辻監督がここまでチームを立て直してくれるとは。僕がライオンズを見てきた30年間で、1、2を争う名監督であることは、もう疑いないです(対抗馬は森監督。ただ、ファンに向けてのコメント力では辻さんのほうが上ですな)。


辻さんの現役時代のイメージから、バント多用とか、今のチームに合わない野球をするんじゃないかと心配していましたが、細かさを植え付けつつも、長所である攻撃力を全面に押し出したスタイルには感嘆。チームに合わせた柔軟性を持った監督でした。


昨年2位と下地を作って今年。もちろん巷の優勝予想は圧倒的にソフトバンク。そりゃ僕が予想したってソフトバンクになりましたが、オフにも雄星が抜けるという状況下では、なんとしても今年勝たなくてはならない。正直、ある程度ソフトバンクに故障者等が出てくれないと勝負にならないと思っていましたが、結果的にはサファテと岩嵜の離脱がペナントレースを大きく左右したと感じます。これでソフトバンクに例年ほどの怖さがなくなった。ただ、それだけでは足りません。


「この投手力で勝つには、とにかく打って打って打ちまくるしかない。01年の近鉄いてまえ打線方式だ」


これが僕の見立てでした。まあ、今年だけでなくここ数年ずっとそう思ってたんですけどね。しかし、思うは簡単、実現は難し。そんな都合の良い夢がそうそう叶うものでもない。そう諦めかけていたのですが……夢が正夢になりました。


中心選手の秋山と浅村が、"辻チルドレン"の源田、外崎が、"おかわり2世"の山川が、"打てる捕手"の森が、そしてベテランの中村と栗山が、打って打って走って守って。山賊打線と評されるほどの圧倒的破壊力を見せての優勝。たとえ3,4点リードされていても最後まで勝利が狙える、夢のような打線でした。欲を言えばメヒアと金子にもうちょい頑張ってほしかったのと、愛斗あたりの若手が出てきてくれればというところがありましたけど、そこは今後に期待で。こと攻撃力に関しては、黄金時代を超えたと言っても良いでしょう。


投手陣に関しては、打線の影で目立たないところもありましたが、菊池雄星が昨年ほどとはないとはいえ、エースの役割をきっちり果たし、多和田はローテを守って最多勝ほぼ当確。トレードで加入した榎田の期待以上の熱投、2年目今井の成長。ローテの頭数はギリギリでしたが、よく運用で持ちこたえました。いつも課題と言われていたリリーフ陣では、平井、野田を中心に、小川、ワグナー、マーティン、ヒースの補強組が踏ん張り、最後の最後で増田が復活したのも大きかった。惜しむらくは復活が期待されていた高橋朋己が開幕早々離脱してしまったことと、武隈が低調だったことでしょう。武隈は来季復活してくれると思いますが、高橋朋の故障は心配ですね……。


ともあれ、優勝おめでとう、そしてありがとう。仮にCSに負けてもこの価値は薄れませんが、それでもやるからにはCSを突破し、広島と日本シリーズやりたいですね。どっちも攻撃主体チームですごく面白そう。

西武11連勝でM3、直接対決制し29日にも地元V(日刊スポーツ)

埼玉西武ライオンズ 7-4 福岡ソフトバンクホークス


さすがに決まりでしょう。もし3タテされれば万一もあるかというところでしたが、杞憂でした。秋山素晴らしすぎる。なにより今年の打線は頼もしすぎる。
10年の悲願を果たす時が来たのだ!