「はやげん! 〜はやよみ源氏物語〜」

はやげん! ~はやよみ源氏物語~ (ウィングス・コミックス)

はやげん! ~はやよみ源氏物語~ (ウィングス・コミックス)

おもしろかった〜。


ネットで高評価を聞きつけて購入。源氏物語のコミカライズですが、全54帖を1冊200ページにおさめ、まさに「はやよみ」の名にはじない圧縮度となっております。しかし、舐めてかかってはいけません。可愛らしさと分かりやすさを両立させた絵に、うまくまとめられたストーリー。ギャグもバランス良くはさみ、短いながらも読みごたえ十分の傑作でした。素晴らしい。


源氏物語は以前瀬戸内寂聴さんの訳で一応全部読んだことはあるのですが、なにぶんあれだけの長編、とりあえず追うだけで精一杯で、内容の理解は少々怪しいものでした。だいたい、文字だけだとなかなか想像力であれだけのキャラの描き分けができないのですよ。平安時代だとみんな着物に黒髪に長髪にという感じになってしまって(「あさきゆめみし」現象とでもいいますか)。それが今作のおかげで流れを復習できましたし、キャラのイメージも分かりやすくなりました。逆に、あんまり今作の絵柄に固定されちゃってもまずいかなと思ってしまうほどです。


さてところで、源氏物語のメインヒロインはやっぱり紫の上だと思うのですが、彼女が果たして幸せだったのかどうかというのは引っかかるところではあるんですよね。確かに、源氏の正妻(格)として、当時としては身分的にも物質的にも最高級の暮らしではあったのでしょうが、果たして彼女自身の意思がどこにあったのか。ただ源氏に囲われているだけではないのかという疑問はでてしまうところで。おそらく、本作の作者もそういった思いがあり、そしてそれを解消したいと思ったのでしょう。幻の「雲隠」の章は源氏と紫の上の、原作とはちょっと異なるハッピーエンド。うれしく受け取らせていただきましたよ。


ということで素晴らしかったのですが、惜しむらくは、いくら読み応えがあるといってもさすがに駆け足感は否めないことですかね。商品設定的にしょうがないのでしょうが、できれば2倍、いや、3倍4倍でもこの源氏世界に浸っていたいものでした。作者さんのページでは序盤が少し読めるんですけどね。でもって、さらに欲を言えば、これをアニメ化してがんがん源氏物語の世界を広めちゃったりして欲しいと。いやま、現実的には難しいのでしょうけど、それだけのポテンシャルはあると思うんですよ、この作品。オススメです。